ジャムウハーバルソープの効能や人気の秘密を徹底調査

毎日できる集中ケア

エステに通いたいけど、費用や時間がなくて通えない方には、短時間で実行できるお肌の集中ケアをお勧めします。スキンケアを中心に毎日行なうために、手軽にできることが大切です。そのためには、肌の代謝をアップさせるクレンジングと、潤いを与えるための保湿マスクに気を使いましょう。シートパックは、有効成分が浸透するまでの時間が必要なので、時間のある方向けです。また、朝晩の美容液による肌ケアを加えることで、集中ケアに必要な要件がほぼ満たされます。

一般的な石鹸とジャムウハーバルソープの違い

天然成分配合、泡パックでデリケートゾーンに最適

インドネシア発のジャムウが起源であり、熱帯に生息する果実の種や実からとれる有効成分が調合されており、女性特有の体の悩みを解消するアイテムとして広く使われてきています。天然成分が主体となっており、泡パックで洗い流すのが特徴です。

洗浄力が強いものが多い

一般的な石鹸は、洗浄力が強いものがほとんどです。そのため、デリケートゾーンに使用するにはあまりおすすめできません。使用していると、場合によっては黒ずみや臭いが悪化してしまうこともあります。そのため、肌にもやさしいジャムウハーバルソープが注目を集めているのです。

ジャムウハーバルソープの効能や人気の秘密を徹底調査

石鹸

天然素材でナチュラルな成分が嬉しい

ジャムウ・ハーバルソープは、臭いや黒ずみを泡パックで洗い流す優れものです。植物エキスを主体にした天然成分が配合されており、低刺激で安全・肌にやさしいのが特徴です。デリケートゾーンは敏感ですので、天然成分配合なのは嬉しいポイントです。汚れを落とす基本成分は、椰子の実からとれるバーム油です。オタネニンジンは肌の代謝アップやホルモンバランスの調整に、甘草や椰子油は湿効果が期待できます。甘草やアロエベラには、皮膚の修復や消炎作用があります。

様々な肌トラブルに対応してくれる優れもの

デリケートゾーンの黒ずみやニオイに有効とされている製品です。肌が薄く敏感な個所ですので、やさしく泡で洗い流すだけで黒ずみ対策ができるのは優れている点です。
また、夏場や生理の時に気になるニオイを抑える効果があります。気にすることなくスカートがはけるようになったり、行動的になれますので、デリケートゾーンのニオイで悩んでいる方にとって大変期待が持てる製品です。天然成分が、荒れているお肌のケアを同時にサポートしますので、美容効果が大きい優れものであると言えます。

体臭を緩和させる方法・ベスト5

no.1

タバコ、アルコールをやめること

嗜好品であるタバコやアルコールは、口臭や体臭の原因となるので、やめることが一番のニオイ対策となります。アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドに分解され、血液を介して全身に運ばれます。肺からは呼気として、汗腺からは汗として排出されてニオイの原因となるからです。

no.2

脂分を避け野菜を多くとること

肉類を摂取すると消化吸収のために、汗をかきやすくなります。また、動物性脂肪を摂取すると、ニオイの元となる皮脂の分泌が促進されます。したがって、肉や脂っこい食べ物を避けて、野菜を多くとることを推奨します。野菜に含まれる抗酸化物質によってニオイ物質の生成が抑えられるからです。

no.3

汗をかいたらコマメに拭き取る

汗に含まれているアポクリン腺が、ニオイの元となります。夏場などで頻繁に汗をかく機会では、タオルなどでコマメに拭き取ることが大切です。ただし、体温調節のために発汗している最中に、汗を拭き取ってしまうと、さらに汗をかくことになりますので注意しましょう。発汗が落ち着いてから、拭き取るのがベストなタイミングです。

no.4

お風呂でリフレッシュする

毎日、お風呂に入って清潔にしておくことは、体臭を抑える基本となります。シャワー派の方も多いですが、体臭改善を目的とするなら、しっかりと湯船に浸かって、体を温めることが大切です。ストレスを解消するリラックス効果がありますし、代謝を促して体臭抑制に寄与するからです。

no.5

生活習慣を見直すことも大事

日頃の生活が乱れている方は、ストレスを溜めないようにすることや、良質な睡眠をとることが大切です。ホルモンバランの乱れが、皮脂分泌を促進してニオイの元となるからです。夏場にエアコンの効いた場所にいる時間が長いと、汗腺の働きが低下しますので注意が必要です。

広告募集中